2020年秋季 プログラム

プログラムの詳細

プログラムの概要

   

キーノート

Keynote 1

 大規模なITプロジェクトのマネジメントの考慮点
  MIデジタルサービス株式会社
  代表取締役副社長 米井 公治 氏

  

大規模性なITプロジェクトのマネジメントを行うためには,様々な工夫が必要である. 経験をベースに,考慮すべきポイントをお話する.ビジネス環境の変化で不確定な要素を残しながらのプロジェクトにも参考にして頂ければ幸いです.
   

<事務局注記>
MIデジタルサービス株式会社は,2020年6月30日にみずほ銀行向けシステム運用事業等をビジネスコアとする企業です.講演を頂く米井公治氏は,みずほフィナンシャルグループ/みずほ銀行常務執行役員,IT・システムグループ副グループ長として同グループのシステム統合に指導的立場で尽力された方で,一連のプロジェクトは投入資金規模で4,000億円を超えると言われる世界最大級のシステム刷新・統合プロジェクトとして知られています.


   

Keynote 2

 スーパーコンピュータ「富岳」の開発
  富士通株式会社プラットフォーム開発本部
  プリンシパルエンジニア 清水 俊幸 氏

  

2020年6月,スーパーコンピュータ「富岳」が,スーパーコンピュータの性能ランキング(TOP500,HPCG,HPL-AI,Graph500)で世界一を獲得しました.これらの賞を同時に獲得するのは史上初の快挙となりました.「富岳」は,①高いアプリケーション実行性能,②省電力,③使いやすさを実現することを目標に掲げ,理研と富士通が共同で2014年から開発を開始し,現在,2021年度の共用開始を目指し,ソフトウェアの調整を進めています.本セッションでは,「富岳」の概要,開発過程での課題とその対応,「富岳」で開発したテクノロジを活用した商用機への展開などについてご紹介します.

  
  

Keynote 3

 ニューノーマル時代のDXプロジェクトの特性と管理
  日本アイ・ビー・エム株式会社 Distinguished Engineer
  IBM iX Japan CTO, Member of IBM Academy of Technology
  倉島 菜つ美 氏

    

昨今の新型コロナ感染拡大の影響を受け,多くのプロジェクトがリモートワークを中心とした新しい働き方=ニューノーマルへとシフトすることを余儀なくされています.企業のデジタル・トランスフォーメーションを推進するDXプロジェクトも例外ではありません.ニューノーマル時代のDXプロジェクトがどのように運営されているのか,プロジェクト管理に関わる注意点、考慮点にはどのようなものがあるかを考えます.

   

特別セッション

標準化検討委員会特別セッション
― ICB4.0の概要・活用・応用 :プログラムマネジメントへの展開を見据えて ―

  

本学会が参加する世界最大のPMアライアンスIPMAが開発するICB4.0の解説を中心に,世界的潮流であるプログラムマネジメントの概要,ベネフィット・ドリブンによるプロジェクト,プログラム,ポートフォリオマネジメントの概要を解説します.
   

PM実施賞受賞講演

エクセレントパートナーシップ賞
  「第三分野保有契約移行における3社一体化プロジェクトの推進」 
    株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
    三井住友海上あいおい生命保険株式会社
    MS&ADシステムズ株式会社

   
PM実施賞奨励賞
  「”鉄板品質”を実現する企業改革の実践」
    株式会社クレスコ

   

一般発表

一般発表予定の方の発表要旨はこちらをご覧ください