プログラム

プログラムの詳細

  • 予稿集は,11月19日(金)頃に公開予定です

プログラムの概要

   

キーノート

Keynote 1 11月25日(第1日目)10:00-11:00

 New Normalに向けたコーポレートトランスフォーメーション
          - 経営・業務・IT 一体の変革 -

日本電気株式会社 執行役員常務,CIO,CISO
プロジェクトマネジメント学会 会長
小玉 浩 氏

概要:

COVID-19のパンデミックにより,企業はこれまでにない急激な変革を求められています.顕著な例として,従業員のリモートワーク,オンライン会議が急速に一般化したことが挙げられます.こうした急激な変化に対応するためには,ITの整備だけではなく,経営・業務・IT一体の改革が必要となります.また,情報システムの開発におけるプロジェクトマネジメントや人材育成の在り方にも変革が必要です.本公演では,実際の取り組み事例を紹介しながら,企業が対応すべき変革:コーポレートトランスフォーメーションについて解説します.

略歴:

2021年4月よりPM学会会長.長年にわたり,企業の情報システム開発に従事,多数の大型案件のプロジェクトマネジメントを実践,その後,企業のビジネス部門責任者として,ビジネスユニット長を経て全社横断でデジタルを推進するユニットの責任者を歴任.現在は,これらの経験を活かし,経営・業務・IT一体となったコーポレートトランスフォーメーションをリードしている.

   

Keynote 2  11月26日(第2日目)10:00-11:00

 Beyond knowledge in IT projects:
          what competences will be necessary?

Chairman of the IPMA Council of Delegates
Dr. Jesus Martinez Almela

Abstract:

Project management for IT projects experienced a significant change in the last twenty years. From a tools and methods oriented approach it developed into an agile framework when new methods and methodologies are used.

Immersed in the era of AI, robotics and digitization the question mark is which will be future trends and drivers of changing careers and job roles of IT project management team members stretching out into the future with AI adoption? Will be the AI the opportunity to a receptive workforce for Project Management and Project Managers? Many of us keep wondering about what will be the necessary competences lo lead IT projects in the era of AI because the implications related to adoption of AI are significant.

Beyond knowledge an holistic perspective competence-based management discipline aiming at delivering long-term sustainable value for a variety of stakeholders in their professional and private roles, for private and public organizations, and for society as a whole.

Biography:

Jesus he is Agricultural and Biosystems Engineer and has been active for more than 35 years in the field of Engineering, Projects, Programs and Portfolio Management. He is Certified Projects Director (IPMA Level A) and IPMA DELTA as well. Developer and owner of 5-five patents of invention for treatment and valorisation of animal wastes in Spain, Italy and United States. Since 1987 he manage over 500 projects and programs in various sectors (environmental protection, agriculture, sustainable food production, industrial manufacturing and rural development as well). Projects Director for several projects for R+D in collaboration with various Universities and Research Centres throughout Spain, Europe, Japan and USA (1999-2007). In 2008 he founded Bioagroprojects Biotech Programs & Portfolio Management; across Bioagroprojects he directs programs and projects Worldwide in various sectors in multicultural and complex environments, for engineering and consultancy services, coaching for professional competence development. Lecturer and international speaker in several Universities and Institutions Worldwide. He has been rewarded since the year 1999 with six international prizes in his areas if professional expertise in different countries Worldwide. Currently he is the Head of the Certification Body of the Spanish Project Management and Engineering Association (OCDP AEIPRO-IPMA Spain), he was IPMA LACC Programme Director obtaining 16 IPMA Members Associations in the Americas (2007-2017), IPMA VP for Education, YC and Membership (2013-2017) IPMA Worldwide President for the period 2018-2020 and currently he is Chairman of the IPMA Council of Delegates for the period 2021-2023.



Keynote 3 3月12日(第2日目)13:20-14:20

 デジタルトランスフォーメーションの品質保証に向けた
         日立の取り組み

株式会社日立製作所 システム&サービスビジネス統括本部
デジタルサービス品質保証部 部長
山川 修 氏

概要:

デジタル技術を活用してビジネスを変革し,新たなサービスや価値を提供するDX(デジタルトランスフォーメーション)が加速しています.なかでも,ビッグデータ解析やIoT,AI(人工知能)などのIT技術を活用したシステムを開発することがDXを進める上で重要な要素となっています.

一方,これらの技術を活用したシステムやソリューション提供には,今までに無かった品質リスクが伴います.

例えば,以下のようなもの.

①実証実験では,実験の成功が優先され安全性確保,セキュリティ対策,プライバシー保護などの観点が軽視される場合がある.

②AIによる判断や予測の結果は,学習データに依存する.正解が分からない為,従来のソフトウエアテストの考え方が使えない.また,AIが差別を助長しないことや倫理的な問題への対応も必要になる.

③IoTなどITと実世界が密に連携する際,扱うデータの量が飛躍的に増加するため,データの挙動が予測困難となりテストでの品質保証には限界がある.また,工場などの生産現場とソフトウエアの開発現場がより密接に共同でシステムを作り上げるケースが増えている.組織文化や基準,マネジメントプロセスの違いによる認識齟齬からトラブルにつながるリスクも高い.

これらの新しい要素に加えて,スピード開発に追従した品質保証の考え方が必要になります.本キーノートでは,DXの特徴およびリスクを考慮した品質保証に向けた弊社の取り組みを事例を含めて紹介します.

略歴:

1989年日立製作所入社.入社後は,一貫してITのソフトウエア畑を歩み,官公庁,自治体,警察消防分野の大規模システムの品質保証に従事.2019年からは,DX(デジタルトランスフォーメーション)の品質保証スキームを確立すべく,ビッグデータやIoT,AI(人工知能)の品質確保プロセス構築や検証技術開発を推進.

   

Special Session  11月26日(第2日目)11:30-12:30
Young Crewセッション

ProMAC2021において,YoungCrew主催で以下のプログラムの実施を予定しています.

1.タイトル:“Join us!~YC活動で得られるメリットのご紹介~”
2.概要

・発表者:SPM YCステアリングメンバ

・聴講者:ProMAC参加者(35歳以下だけでなく全年齢層が対象)

・時間:80分

・想定参加者数:200人
3.プログラム内容

・所属組織,国を跨った交流を通じて,得られるもの

・YCの活動を通じた個人の成長の説明

・各国YCメンバからのビデオメッセージの上映


一般発表

11月25日(第1日目)11:30-12:30/13:20-14:40
11月26日(第2日目)11:30-12:30/14:40-16:00